カラクリブログ

カラクリです。転職の話とかコンサルの話とかの記事を書いています。フェルミ・ケースの添削や面接の練習相手などもやってます。問合せはお気軽にどうぞ!⇒karakuri.consultant@gmail.com

【実態暴露】コンサルファームの残業時間

f:id:karakuriblog:20210109161852j:plain

20200620114640
コンサルへの転職を考えている人

コンサルファームは残業がすごいって聞くけど実際どれくらいなの?
転職する前に実態をつかんでおきたいな。

こんな疑問に答えます。

本記事の内容

本記事を書いている私は、コンサルファーム5年目です。
戦略よりの案件からITよりの案件まで幅広く経験しています。

また、残業時間がすさまじい時も暇な時もいろいろ経験してきました。
こんな私がコンサルファームの残業時間の実態を暴露します。

コンサルファームで忙しい時の残業時間

これまでで最も忙しかった月の残業時間は下記の通りです。
ただ、しっかりと残業時間を測っていたわけではないので、多少のずれはあると思います。

  • IT系プロジェクトで200時間近く
  • 業務系プロジェクトで200時間超え

二人分以上働いてますね(笑)

コンサルファームで残業時間が多くなるタイミング

どんな時に200時間くらいの残業時間になるかというと、下記などです。

  • お客さんとの定例会議や最終報告の直前に追い込みで資料を作成するとき
  • アウトプットをパートナーにボコボコにされて修正するとき
  • プロジェクト開始時の業務量の"ヨミ"が外れ、リソース以上の業務量になるとき
  • プロジェクトスコープが膨らむなどにより案件が炎上状態になったとき

上二つの場合は、一時的に残業時間が多くなるだけですが、下二つの場合は、定常的に残業時間が多くなってしまいます。

私がIT系プロジェクトで200時間近くの残業をしていた時は、一番下の炎上状態になった時です。

12月開始の4カ月のプロジェクトでしたが、各月の残業時間は下記の通りです。

  • 12月:100時間
  • 1月:140時間
  • 2月:200時間
  • 3月:180時間

いやぁ、しんどかった(笑)うつになりかけて危うくビジネスキャリアにやり直しがきかなくなるところでした。

詳しい状況は、【実話】ITコンサル炎上案件に入った話【うつになりかけた】で解説しています。

より実態が知りたい方はチェックしてください。

コンサルファームで残業時間が多くなった時の働き方

例として先ほどの炎上案件の時の働き方を書きます。

  • 平日・・・1月くらいからは日を跨ぐ前に帰った日はほぼなし
  • 休日・・・土日の片方はほぼなし。忙しい時は土日両方とも仕事

【実話】ITコンサル炎上案件に入った話【うつになりかけた】

また、業務系の案件で最終報告に向けた最後の追い込みをしている時は、下記のような働き方でした。

  • 平日・・・1,2週間程度ではあるが日を跨ぐ前に帰った日はなし
  • 休日・・・1か月ほど土日両日とも仕事。朝9時~夜の22時くらいまで。

こちらの方が忙しい期間は短かったですが、残業の最大値は大きかったと思います。

クリスマスの時期に朝の5時近くまで働いていたので、さすがに慰めてほしくて以下のようなツイートしてしまいました(笑)

コンサルファームで暇な時の残業時間

続いて最も暇だった時の残業時間です。下記の通り。

0時間(むしろマイナスの場合も)

忙しい時とのギャップがすさまじいですよね(笑)

コンサルファームで残業時間が少なくなるタイミング

どんな時に暇になるかというと、下記などです。

  • 案件から外れている時
  • 楽な案件に入った時
  • 案件の会議が延期になった時

上二つの場合は定常的に暇です(笑)
一番下の会議が延期になった時は歓喜の嵐です(笑)

また、上二つの場合、ビジネスマンとしての成長速度が落ちてしまう、という意見もあるかと思いますが、リフレッシュとしてたまにはいいのかなと思います。

コンサルファームで残業時間が少なくなった時の働き方

暇な時の働き方は下記です。

  • 一日8時間も働く必要がなくなる
  • 在宅ワークと見せかけて一日中サボることができる

実際に私は、楽な案件に入った時に、お昼頃に出社して定時に帰ったり、在宅で途中にジムに行ったりしていました。

暇な時の働き方をもっと知りたい方は【実録】実は暇!?コンサルが暇な時の働き方をチェックしてください。

コンサルファームの残業時間は平均に注目しても意味がない

ここまで解説してきたことから、残業時間に関するコンサルワークの特徴として次の通りに言えると思います。

コンサルワークは、忙しい時と暇な時の残業時間のギャップが激しい

これは裏を返すと、

コンサルファームの残業時間の実態を調べる時は平均残業時間に着目しても意味がない

と言えます。

しかし、転職会議OpenWorkのような口コミサイトに載っている残業時間は、平均のみです。

では、残業時間を調べる上で口コミサイトを見る意味がないかというとそんなわけではありません。

口コミサイトで転職先ファームの残業の実態を見る方法があります。

コンサルファームの口コミで残業時間の実態を調べる方法

まず前提として、コンサルファームに入ったら、説明してきたような忙しい時期と暇な時期の両方を経験すると思った方が良いです。

※補足
もちろん、激務案件を可能な限り避ける方法もあります。詳しくは、【ITコンサル】激務案件はどれくらい忙しい?【激務案件の見分け方も解説】で解説しています。(ITコンサル以外でも参考になります)

ですので、最も参考になるのは、忙しい時と暇な時のそれぞれの実態を知ること。

そこで、平均残業時間ではなく、働き方やワークライフバランスの口コミを確認するようにしましょう。

  • 仕事がヤバイ系の意見
  • 仕事が楽だ系の意見

そのそれぞれが自分にも起こりうると考えてみておいた方が良いです。

残業時間などの実態を把握した上でコンサルに転職しよう

いかがでしたでしょうか!?

外からでは実態のつかみにくい残業時間。
口コミサイトを有効活用して、実態を把握できるようになりましょう。

なお、口コミサイトは、下記2つが有名かと思います。

転職会議」は、無料登録後の48時間は各企業の口コミを10件ずつ見放題なので、口コミを今すぐ見たいという方はこちらをオススメします。

転職会議へ登録する