カラクリブログ

カラクリブログ

カラクリです。転職の話とかコンサルの話とかの記事を書いています。フェルミ・ケースの添削や面接の練習相手などもやってます。問合せはお気軽にどうぞ!⇒karakuri.consultant@gmail.com

【重要】フェルミ推定の市場規模系の問題の解き方

f:id:karakuriblog:20210122135204j:plain

20200620114640
フェルミ推定の勉強を始めた方

フェルミ推定市場規模系の問題が多いけど、どうやって解いたらいいんだろう?

こんな疑問に答えます。

本記事の内容

本記事を書いている私も戦略コンサルへの転職活動を行ってきました。

フェルミ推定・ケース面接が苦手で最初の方は面接に落ちまくったおかげで(?)、20社弱のコンサルファームの面接を受けることができました。

本記事ではコンサル転職の面接で王道の市場規模系の問題についてまとめています。

これからの勉強にぜひ役立てて、確実にコンサルファームから内定をもらいましょう。

フェルミ推定の市場規模系の問題とは

f:id:karakuriblog:20210105110032j:plain

ある一定期間に発生した数量(販売金額や販売数)を求める問題です。
現役東大生が書いたフェルミ推定ノートでは、フロー系の問題と呼ばれています。

具体例

みなさん一度はどこかで見たことある問題だと思います。

フェルミ推定の市場規模系の問題が解けるようになるメリット

f:id:karakuriblog:20210105110408j:plain

フェルミ推定の市場規模系の問題が解けるようになることで、転職面接突破の近道となります。その理由は下記です。

  • 転職面接では圧倒的に市場規模系の問題が多い
  • 市場規模系のフェルミを行う式のパターンはある程度定まっており、習得しやすい。

市場規模系の問題が多い理由は、その後のケース問題につなげやすいからだと思います。
実際に私の転職面接では、下記などのお題が出題されました。

  • スターバックスの一日の売上高
  • 中古車自動車の年間販売台数
  • 筆記用具の市場規模
  • ある結婚式場の年間売上

一方で市場規模系以外のお題は出題頻度が少ないです。例えば下記などのお題です。

  • 今浮いているゴルフボールの数
  • シカゴにいるピアノ調律師の数
  • 日本にある郵便ポストの数
  • エアバスA300の重さ

出題頻度が少ない理由は、思考実験的な要素が強くなってしまいビジネス的ではないからだと思います。その後のケース問題につなげにくくなってしまいますからね。
(こういった問題を考えるのは、それはそれで面白いんが。)

そのため、転職で出題されるお題に慣れるためにも、まずは市場規模系の問題を練習した方が良いです。

面接突破の近道になる理由2つ目に書いた市場規模系の式のパターンについては次章で解説します。

フェルミ推定の市場規模系の問題の解き方

f:id:karakuriblog:20210116134504j:plain

フェルミ推定の市場規模系のお題の基本式は、下記3+1パターンのいずれかに該当します。

f:id:karakuriblog:20200919174134j:plain

市場規模系のお題を解く際は、まずこのパターンのどれに該当するかを考えてから解きましょう。

ただ、いますぐに覚える必要はありません。
市場規模系のお題を練習していくうちに、だいたいこのパターンだよね、というのは感覚的にわかってきます。

ですので、お題を解きながらパターンを習得していきましょう。

とは言っても今のうちにもっと理解しておきたいという人は、フェルミ推定にはパターンがある!頻出3+1パターンを解説を読んでください。

※そもそも基本式って何だよという方は、まず【初心者必見】フェルミ推定の5つの手順【例題あり】を読みましょう。こちらは、どのお題でも使えるフェルミ推定を解く手順です。

フェルミ推定の市場規模系の問題の例題

前章にも書いた通り、基本式のパターンはお題を解きながら習得していきましょう。

本章で市場規模系の例題をいくつかピックアップしています。
三段階の難易度に分けていますので、初めての方は低難易度から解いていくと良いと思います。(難易度は独断と偏見です)

なお、リンクがついているお題は、クリックすると私の解説記事に飛べます。

例題 難易度低:★☆☆

例題 難易度中:★★☆

例題 難易度高:★★★

フェルミ推定の市場規模系の問題を押さえて効率よくコンサル転職を目指そう

以上、いかがでしたでしょうか!?

市場規模系の問題を解けるようになることがコンサル転職の最短ルートです。

市場規模系のパターンを身に着けて希望のコンサルファームからの内定をもらいましょう!

【現役コンサルが解説】コンサル向き・不向きの性格

【重要】上達速度に差がつくフェルミ推定の前提知識

【重要】上達速度に差がつくフェルミ推定の前提知識

20200620114640
フェルミ推定の勉強を始める人

転職に向けてフェルミ推定の勉強を始めようと思うけど、覚えておくべき前提知識って何があるのかな?

こんな疑問に答えます。

本記事の内容

本記事を書いている私も戦略コンサルへの転職活動を行ってきました。

フェルミ推定・ケース面接が苦手で最初の方は面接に落ちまくったおかげで(?)、20社弱のコンサルファームの面接を受けることができました。

本記事ではフェルミ推定の勉強開始前にこれを知っていればもっと効率的に勉強ができたのに、と思っていた内容をまとめました。

実際に転職活動を行うことでわかったノウハウです。
これからの勉強にぜひ役立てて、確実にコンサルファームから内定をもらいましょう。

フェルミ推定の面接突破に向け覚えておくべき前提知識

フェルミ推定の面接突破に向け覚えておくべき前提知識

下記3点です。

知識というと、基礎数値ばかり考えるかもしれませんが、手順とパターンの方がもっと重要です。

以降でそれぞれ解説します。

前提知識①フェルミ推定の手順

まずは手順を押さえましょう。

適切な手順でないとトンチンカンな回答になりやすくなってしまいます。

手順は下記です。

  • 前提確認
  • 基本式の設定
  • セグメンテーション
  • 数値の設定・計算
  • 現実性検証

しっかり説明すると長くなってしまうので、ここで詳細解説は省略します。

前提って?基本式とは?となる方は、【初心者必見】フェルミ推定の5つの手順【例題あり】の記事で手順を解説していますので、この記事と合わせて読んでおきましょう。

東京メトロのコインロッカーの1日の売上高の例題付きで解説しています。

前提知識②フェルミ推定のパターン

続いて最重要と言っても過言ではないフェルミ推定のパターンです。

個人的にはパターンを適切に使いこなせているかどうかで、フェルミ推定面接を通過するかどうかが決まると思うほどです。

フェルミ推定のパターンは下図の通りです。

前提知識①フェルミ推定のパターン

なお、ネットで調べると、耐久品型をさらに所有型と存在型に分けている記事も多くありますが、考え方は一緒なので、分ける必要はないと私は思います。

むしろ、市場に浸透しているのかどうかで式が変わるので、上記の②-1、②-2の分け方の方が重要です。

耐久品型?消耗品型?何それ?って方は、フェルミ推定にはパターンがある!頻出3+1パターンを解説を読んでください。

日本のビールの市場規模家庭用洗濯機の市場規模などの例を出しながら解説しています。

前提知識③フェルミ推定で使用する基礎数値

最後にフェルミ推定で数値設定・計算をする際に使用する基礎数値です。

他のサイトに必要な基礎数値がまとまっていたので、引用します。

日本に関する数値

  • 人口:12,500万人 (2050年1億人、2060年9,000万人)
  • 平均寿命:84歳
  • 世帯:5,000万戸
  • 平均世帯人数:2.5人
  • 国土面積:38万平方キロメートル (30%平地、70%山岳地)
  • 小学校の数:20,000校
  • 中学校の数:10,000校
  • 高校の数:5,000校
  • 短期大学の数:300校
  • 大学の数:750校
  • 大企業の数:1.1万社
  • 中企業の数:55万社
  • 小企業の数:330万社
  • 市の数:800箇所
  • 町の数:750箇所
  • 村の数:200箇所
  • 給与所得者:5,000万人
  • 平均年収:430万円
  • フリーター人口:200万人(若年層)
  • フリーター平均年収:100万円)
  • 引用元:戦略ファーム内定者に聞いた、フェルミ推定対策で覚えるべき数値一覧

    世界に関する数値

    • 人口:76億人 (2050年95億人、2100年112億人)
    • 地球の直径:12,000km
    • 地球の円周:40,000km
    • 地球の表面積:5億キロ平方メートル(海70%、陸30%)
    引用元:戦略ファーム内定者に聞いた、フェルミ推定対策で覚えるべき数値一覧
    f:id:karakuriblog:20200810114814p:plain
    フェルミ推定の勉強を始める人

    えっこんなに覚えるの!?そんなんムリだ…

    ってなると思います。

    安心してください。実は私はほとんど覚えていません。

    私が覚えていた数値は、下記だけです。

    しかも、数値もざっくりとしか覚えていません。

    • 日本人口:1億2,000万人
    • 日本の世帯数:5,000万世帯
    • 日本のサラリーマン平均給与:400万円
    • 日本の企業数:400万社
    • 国土面積:38万平方キロメートル (30%平地、70%山岳地)
    • 日本の平均寿命:80歳
    • 世界の人口:70億人

    実は他の数値は、上記数値からフェルミ推定をすることで算出することができます。

    その推定方法は、【暗記不要】フェルミ推定の基礎数値一覧【ヒント:推定】で解説していますので、チェックしてみてください。

    前提知識を覚えたらフェルミ推定のお題を解いてみよう

    前提知識を覚えたらフェルミ推定のお題を解いてみよう

    前提知識を覚える最も効率の良い方法は、実際に問題を解いてみることです。

    さらに面接経験者の解説がついていると、振り返りもできるのでなおよいです。

    まずはネット検索で無料解説付きの例題を解いてみて、その後に有料の例題や書籍の購入をするとよいと思います。

    私の解説で良ければ下記2記事を無料公開しています。

    実際に戦コンの面接で出題されたお題の解説も行っています(スンマセン、有料です)

    書籍は現役東大生が書いた 地頭を鍛えるフェルミ推定ノートがオススメ。
    他は買わなくてもよいくらいです。

    【オススメ3選】フェルミ推定対策本【本より効率的な勉強法も解説】

    ※もしすでにKindleUnlimtedに登録しているなら、実質無料フェルミ推定の対策本を読むこともできます。オススメは【Kindle Unlimited】フェルミ推定対策本オススメ3選で紹介しています。

    前提知識を身に着けるには日々練習が必要

    前提知識を身に着けるには日々練習が必要

    お題を解いてみましたか?本記事記載の前提知識を確認しながら解けば、何度か引っかかりながらも解けたかと思います。

    しかし、本番は、面接という緊張する空間&3分や5分などの制限時間付き。
    引っかかっている時間はありません。

    本命企業で確実に内定をもらうためには、本番に確実に解けるように日々、継続して練習する必要があります。

    日々の練習の質を高める方法

    そんな日々の練習の質を高める方法。
    それは、経験者からフィードバックをもらうことです。

    自身の回答にフィードバックをもらい、改善を繰り返すことが上達の近道です。
    しかも、経験者であれば、質の高いフィードバックが期待できます。

    知合いに戦コン内定者がいればフィードバックをお願いしましょう。

    ちなみに、私もフィードバック可能です。
    戦コンの知合いがいない、またはいるけど忙しそうで頼みづらいという方は、以下のアドレスまで自身のご回答を送ってください。

    karakuri.consultant@gmail.com
    ーカラクリまで

    24時間以内にフィードバックいたします。

    フェルミ推定の日常の練習方法【練習以外にやるべきことも解説】

    フェルミ推定を練習してコンサル内定を目指そう

    以上、いかがでしたでしょうか!?

    コンサル内定には必須のフェルミ推定
    前提知識を身に着けた後は、しっかりと練習して確実にコンサルファームに内定しましょう!

    きっと素晴らしいキャリアが実現できるはずです!

    コンサル転職のメリット・デメリット【現コンサルが3つの観点で解説】

    【実態暴露】コンサルファームの残業時間

    f:id:karakuriblog:20210109161852j:plain

    20200620114640
    コンサルへの転職を考えている人

    コンサルファームは残業がすごいって聞くけど実際どれくらいなの?
    転職する前に実態をつかんでおきたいな。

    こんな疑問に答えます。

    本記事の内容

    本記事を書いている私は、コンサルファーム5年目です。
    戦略よりの案件からITよりの案件まで幅広く経験しています。

    また、残業時間がすさまじい時も暇な時もいろいろ経験してきました。
    こんな私がコンサルファームの残業時間の実態を暴露します。

    コンサルファームで忙しい時の残業時間

    これまでで最も忙しかった月の残業時間は下記の通りです。
    ただ、しっかりと残業時間を測っていたわけではないので、多少のずれはあると思います。

    • IT系プロジェクトで200時間近く
    • 業務系プロジェクトで200時間超え

    二人分以上働いてますね(笑)

    コンサルファームで残業時間が多くなるタイミング

    どんな時に200時間くらいの残業時間になるかというと、下記などです。

    • お客さんとの定例会議や最終報告の直前に追い込みで資料を作成するとき
    • アウトプットをパートナーにボコボコにされて修正するとき
    • プロジェクト開始時の業務量の"ヨミ"が外れ、リソース以上の業務量になるとき
    • プロジェクトスコープが膨らむなどにより案件が炎上状態になったとき

    上二つの場合は、一時的に残業時間が多くなるだけですが、下二つの場合は、定常的に残業時間が多くなってしまいます。

    私がIT系プロジェクトで200時間近くの残業をしていた時は、一番下の炎上状態になった時です。

    12月開始の4カ月のプロジェクトでしたが、各月の残業時間は下記の通りです。

    • 12月:100時間
    • 1月:140時間
    • 2月:200時間
    • 3月:180時間

    いやぁ、しんどかった(笑)うつになりかけて危うくビジネスキャリアにやり直しがきかなくなるところでした。

    詳しい状況は、【実話】ITコンサル炎上案件に入った話【うつになりかけた】で解説しています。

    より実態が知りたい方はチェックしてください。

    コンサルファームで残業時間が多くなった時の働き方

    例として先ほどの炎上案件の時の働き方を書きます。

    • 平日・・・1月くらいからは日を跨ぐ前に帰った日はほぼなし
    • 休日・・・土日の片方はほぼなし。忙しい時は土日両方とも仕事

    【実話】ITコンサル炎上案件に入った話【うつになりかけた】

    また、業務系の案件で最終報告に向けた最後の追い込みをしている時は、下記のような働き方でした。

    • 平日・・・1,2週間程度ではあるが日を跨ぐ前に帰った日はなし
    • 休日・・・1か月ほど土日両日とも仕事。朝9時~夜の22時くらいまで。

    こちらの方が忙しい期間は短かったですが、残業の最大値は大きかったと思います。

    クリスマスの時期に朝の5時近くまで働いていたので、さすがに慰めてほしくて以下のようなツイートしてしまいました(笑)

    コンサルファームで暇な時の残業時間

    続いて最も暇だった時の残業時間です。下記の通り。

    0時間(むしろマイナスの場合も)

    忙しい時とのギャップがすさまじいですよね(笑)

    コンサルファームで残業時間が少なくなるタイミング

    どんな時に暇になるかというと、下記などです。

    • 案件から外れている時
    • 楽な案件に入った時
    • 案件の会議が延期になった時

    上二つの場合は定常的に暇です(笑)
    一番下の会議が延期になった時は歓喜の嵐です(笑)

    また、上二つの場合、ビジネスマンとしての成長速度が落ちてしまう、という意見もあるかと思いますが、リフレッシュとしてたまにはいいのかなと思います。

    コンサルファームで残業時間が少なくなった時の働き方

    暇な時の働き方は下記です。

    • 一日8時間も働く必要がなくなる
    • 在宅ワークと見せかけて一日中サボることができる

    実際に私は、楽な案件に入った時に、お昼頃に出社して定時に帰ったり、在宅で途中にジムに行ったりしていました。

    暇な時の働き方をもっと知りたい方は【実録】実は暇!?コンサルが暇な時の働き方をチェックしてください。

    コンサルファームの残業時間は平均に注目しても意味がない

    ここまで解説してきたことから、残業時間に関するコンサルワークの特徴として次の通りに言えると思います。

    コンサルワークは、忙しい時と暇な時の残業時間のギャップが激しい

    これは裏を返すと、

    コンサルファームの残業時間の実態を調べる時は平均残業時間に着目しても意味がない

    と言えます。

    しかし、転職会議OpenWorkのような口コミサイトに載っている残業時間は、平均のみです。

    では、残業時間を調べる上で口コミサイトを見る意味がないかというとそんなわけではありません。

    口コミサイトで転職先ファームの残業の実態を見る方法があります。

    コンサルファームの口コミで残業時間の実態を調べる方法

    まず前提として、コンサルファームに入ったら、説明してきたような忙しい時期と暇な時期の両方を経験すると思った方が良いです。

    ※補足
    もちろん、激務案件を可能な限り避ける方法もあります。詳しくは、【ITコンサル】激務案件はどれくらい忙しい?【激務案件の見分け方も解説】で解説しています。(ITコンサル以外でも参考になります)

    ですので、最も参考になるのは、忙しい時と暇な時のそれぞれの実態を知ること。

    そこで、平均残業時間ではなく、働き方やワークライフバランスの口コミを確認するようにしましょう。

    • 仕事がヤバイ系の意見
    • 仕事が楽だ系の意見

    そのそれぞれが自分にも起こりうると考えてみておいた方が良いです。

    残業時間などの実態を把握した上でコンサルに転職しよう

    いかがでしたでしょうか!?

    外からでは実態のつかみにくい残業時間。
    口コミサイトを有効活用して、実態を把握できるようになりましょう。

    なお、口コミサイトは、下記2つが有名かと思います。

    転職会議」は、無料登録後の48時間は各企業の口コミを10件ずつ見放題なので、口コミを今すぐ見たいという方はこちらをオススメします。

    転職会議へ登録する

    【これだけは読むべし】業務改革オススメ本【用途別に紹介】

    f:id:karakuriblog:20210104200936j:plain

    20200620114640
    業務改革担当になった方

    今度、会社の業務改革を担当することになった
    業務改革なんて今までやったことないから、事前に勉強しておきたいんだけどオススメの本って何かないかな?

    こんな疑問に答えます。

    本記事の内容

    本記事を書いている私は、新卒でコンサルティングファームに入社し、今年で5年目です。
    これまでに自動車メーカーや建設業などの業務改革を担当してきました。

    今は少し慣れてきたものの、初めて業務改革系の案件に配属されたときは、不安でした。

    業務改革の前に、そもそもその業務担当したことないし、できる気がしない・・・

    みたいな。

    そのため、みなさんと同様、あらかじめ勉強しようと業務改革系の書籍を探して読みまくりました。

    しかし、業務改革系の本は会社の宣伝として出版されているものが多く、内容が伴わない場合が多いです。

    さらに、良書だとしても、

    • 業務改革の事例を知りたい
    • 業務改革の進め方を知りたい

    など、あなたが業務改革の何を知りたいかによって読むべき本は変わります。

    それなのに、タイトルを見てもどの本にどんな内容が書いてあるのかわからない。

    その結果、良書かつ自分の探しているコンテンツの載った書籍に出会うまでにたくさんの本を読み、多くの時間を費やしてしまいました。

    本記事では、今後、業務改革を勉強する方が不要な時間を費やさないよう、実際に業務改革を担当した私が用途別のオススメ書籍を厳選して紹介します。

    なお、業務改革と業務改善を使い分けている書籍や記事もありますが、本質的には変わらないので、本記事では業務改革=業務改善として使っています。

    業務改革の用途別のオススメ本

    f:id:karakuriblog:20201114162631j:plain

    下記の3つの用途に場合分けしてオススメの本を紹介します。

    業務改革の進め方が知りたい場合にオススメの本

    オススメ書籍:『手戻りなしの要件定義』

    オススメ理由

    業務改革の具体的な手順と作成するアウトプットがわかるため

    一般企業で、業務改革・要件定義の手順やアウトプットがきれいに整理されている会社は少ないように感じますので、全体感把握のために非常に有用です。

    なお、本書タイトルに要件定義と記載がありますが、業務改革とシステム開発の上流工程である業務要件定義の実施内容には、ほとんど違いがありません。

    業務改革の解決策として、システム化が決まっている場合が、業務要件定義みたいな感じです。

    そのため本書は、タイトルにある要件定義に限らず、業務改革を担当することになった方にも参考になります。

    さて、本書で解説されている要件定義(≒業務改革)の手順は、下記5ステップです。

    • ステップ1「方針と実施計画の策定」
    • ステップ2「現行業務と問題の把握」
    • ステップ3「問題分析と課題の設定」
    • ステップ4「課題解決策の決定」
    • ステップ5「システム要件の整理」

    言葉遣いやステップの区切りに多少の違いはあれど、実際のコンサルプロジェクトもこのようなステップで進んでいきます。

    また、例えばステップ1で作成する必要のある成果物は、下記3つとして解説しています。

    • システム化方針(≒業務改革方針)
    • 推進体制
    • 実施スケジュール

    もちろん、システム化方針って何なの?となるので、

    システム化(≒業務改革)の対象範囲、取り組みの背景、目的・達成事項、期待成果、制約条件

    具体例付き+アウトプットイメージ付きで解説が入ります。

    このように、何をどんな順番で行えばよいかが具体的にわかるので、初めて業務改革を担当する際に全体感をざっくりつかんでおくのに有用です。

    もう少し詳しい内容は下記の記事で解説していますので、こちらも読んでから買うかどうか判断しても良いと思います。

    『手戻りなしの要件定義』は実務に役立つ?【ざっくり内容紹介】

    各業務でありがちな問題点とその解決策を知りたい場合にオススメの本

    オススメ書籍名:『最強の業務改革』

    戦略コンサルとして有名なA.T.カーニーコンサルタント達が書いている書籍です。

    オススメ理由

    営業・調達・生産などの各業務ごとにありがちな問題点とその解決策がわかるため

    例えば、本書では、調達業務改革によくある問題として、

    • 調達コスト管理が間接材までしっかり適用されていることが少なく、コスト高につながってしまう
    • 調達部門の会社としての位置づけが低い場合が多く、他部門と協働した調達活動が十分に行えない
    • 販売予測や生産計画の精度が低く、頻繁に変更されるため、仕入れを行う調達側の負荷が増える

    といった内容が書かれています。

    こういったありがちな問題とその解決策が各業務ごとに書かれているため、あなたが取り組もうとしている業務改革にも必ず当てはまるものがあるはず。

    落としどころがわかっているだけで、業務改革をスムーズに進めやすくなります。

    ただし、A.T.カーニーの販促ツール的な側面もあり、実践できるレベルで細かくは記載されていないので、その点はご注意を。

    より詳細な内容は、下記の記事で解説しています。
    こちらも読んでよさそうだなと思えばぜひ購入してみてください。

    『最強の業務改革』は実務に役立つ?【内容をざっくり要約】

    業務改革で必須の業務フローの書き方を知りたい場合にオススメの本

    書籍名:『上流モデリングによる業務改善手法入門』

    オススメ理由

    業務改革を行う上で必須のアウトプットである業務フローの書き方を学べるため

    社内で通常業務を行っているだけでは、学べませんよね。
    本書を読むことで業務フローの書き方を詳細に学ぶことができます。

    具体的に学べる内容は、業務フローを作る手順・成果物です。

    本書で紹介されている手順は下記です。

    • 業務一覧表の作成
    • 業務プロセスの抽出
    • 業務フロー(ラフモデル)の作成
    • 業務フロー(ビフォーモデル)の作成
    • 業務フロー(ビフォーモデル)のチェック
    • 業務フロー(アフターモデル)の作成

    ここまで細かく分けるかどうかは別として、業務一覧表を作成した上で、業務フローを徐々に精緻化していく作り方は、コンサルプロジェクトでも同様です。

    本書では、この手順とそれぞれで作成する成果物を、非常にわかりやすい図で解説しています。

    図を本記事に記載できないのが非常に残念なくらいです。

    このように、業務フローの書き方をわかりやすい図を見ながら学ぶことができるので、業務改善系のプロジェクトを始めて担当する人にはもってこいです。

    まだ購入するか決めて兼ねている人は、より詳細な内容を下記の記事で解説していますので、こちらを読んでから購入するか決めてみてはいかがでしょうか。

    『上流モデリングによる業務改善手法入門』は実務に役立つ?【ざっくり紹介】

    業務改革の本を読んで仕事で成功を収めよう

    以上、いかがでしたでしょうか!?

    本記事で紹介した書籍は全てコンサルファームの方が書いています。
    コンサルタントの長年積み重ねられたノウハウが詰まっているわけです。

    このような実証されたノウハウが2,000円台で購入できるのはほんとにお得だと思います。

    これら書籍に書かれたノウハウを基に業務改革を推進することで、仕事の成功を収めましょう。

    最後に本記事で紹介した本のリンクを貼っておきます。

    【無料で転職に活用】ミイダスパーソナリティ診断を使ってみた

    f:id:karakuriblog:20200823181427j:plain

    20200620114640
    転職を考えている人

    ミイダスのパーソナリティ診断って何が分かるの?あと、転職するなら診断を受けといた方がイイって聞いたけど、役に立つのかな?ついでにやり方も教えて!

    ミイダスとは、経歴やスキルを入力するだけで適性年収がわかると話題の転職サービスです。
    人材サービス大手パーソルキャリアのグループ会社であるミイダス株式会社が提供しています。

    そんなミイダスの一つのサービスであるパーソナリティ診断が、転職活動に役に立つので紹介します。

    本記事の内容

    本記事を書いている私は、転職活動を3回経験しています。
    そのため、一般的な人よりも転職活動に精通しており、転職ノウハウをこのブログで公開しています。また、コンサル転職者向けに模擬面接も行っています。

    こんな私がミイダスのパーソナリティ診断を実際に受けて有効性を確かめてみました。

    本記事では、実際に私の診断結果画面を見せつつ解説していきます。

    ミイダスのパーソナリティ診断でわかる2つのこと

    f:id:karakuriblog:20200822170459j:plain

    ミイダスのパーソナリティ診断は、精神医学をベースにした診断サービスです。

    この診断により、以下2つがわかります。

    それぞれ解説します。

    ミイダスパーソナリティ診断でわかること①生まれもった個性のタイプとその強み・弱み

    さらに分けると以下の3つがわかります。

    • 8つの個性タイプの構成比と、上位2タイプの詳細
    • 生まれ持った個性の活かし方(≒自身の強み)
    • 陥りやすいクセへの対処法(≒自身の弱みと改善方法)

    人の個性は、8つの個性タイプから構成されており、各個性タイプがそれぞれどのくらいの比率を占めるのかは、遺伝的に決まっているそうです。

    ミイダスのパーソナリティ診断により遺伝的に決まっている個性の特徴がわかります。

    なお、8つの個性タイプは下記です。

    • 主導者
    • 堅実主義
    • 理想主義
    • 平和主義
    • 芸術肌
    • 完璧主義
    • 職人気質
    • 先駆者

    診断結果を見た方がわかりやすいと思うので、さっそく私の診断結果を見てみましょう。

    f:id:karakuriblog:20210103165111j:plain

    このように、個性タイプの構成比(下側の円グラフ)と、上位2タイプ(上側)がわかります。
    私は1位が先駆者タイプで2位が主導者タイプみたいですね!

    上位2タイプの詳細はこんな感じに表示されます

    f:id:karakuriblog:20210103165227j:plain

    どうやら私は革新的な行動を取りがちだそうですwイノベーターですね!(嘘)
    革新的かどうかはわからないけど、思いついたアイディアはすぐに実行したくなるのはその通りかな・・・あと、孤独を好むとかも(笑)

    続いて、生まれ持った個性の活かし方(≒自身の強み)は、こんな感じで表示されます。

    f:id:karakuriblog:20210103165315j:plain

    特に驚いたのは「精神的にタフで疲れにくい」が入っていること。
    これ、実は自分ではそんなことないと思っていたのですが、周りに言わせると相当タフみたいです(笑)
    本人も気づかない個性をあぶりだすとはミイダスおそるべし!!

    陥りやすいクセへの対処法(≒自身の弱みと改善方法)はどうでしょうか?

    f:id:karakuriblog:20210103165359j:plain

    ルール無視、規則の軽視はその通りですw
    会社や部門のルールはいつも都合よく解釈して、あとで怒られたりしてます(笑)

    対処法は「この行動は、周囲に迷惑をかけることはないかなど、客観的に周囲を見る習慣をつけましょう」か。
    とても参考になりますね!やるかどうかは別として(笑)

    ミイダスパーソナリティ診断でわかること②今のコンディションとその改善方法

    生まれ持った個性タイプをコントロールする能力が8段階でわかります。

    こちらは、先ほどの「生まれ持った個性タイプ」と異なり、環境や経験によって変化するそうです。

    まぁ正直言うと・・・何のことを言ってるのかよくわかりませんw

    とりあえず以下の8段階でコントロールする能力が評価されます。
    充実に近づくほど良いそうです。

    • 充実
    • 安定
    • 妄想的
    • 気分屋
    • 独裁的
    • 直感的
    • 依存的
    • 疲れ気味

    なおさらわかりませんねw

    これも言葉の説明より診断結果を見せた方がわかりやすいと思います。

    f:id:karakuriblog:20210103165617j:plain

    私の今のコンディションは充実とのこと。おぉ!最高のコンディション!
    自他の二元論を離れて、俯瞰して世界を見ることができるようです(笑)
    教祖になれそうですねw

    詳細はこんな感じ。

    f:id:karakuriblog:20210103165654j:plain

    「自分を常に信じている」とありますが、これはその通りかも。
    いい意味でも悪い意味でも自身過剰です(笑)

    「今のコンディション」を少しでも良くするアドバイスはどうでしょうか?

    f:id:karakuriblog:20210103165723j:plain

    ん~。わかりにくいw

    アドバイスなのに、3つともアクションになっていないですね…
    「〇〇できる」や「満足感が高い」では何をしたらいいかわからないな…

    中身の文章を読むとアクションが書いてありますが、ちょっと抽象度が高すぎてどうしようもないですねw
    「自分を高めることを怠らず、人生の目的を探究し、チャレンジしていきましょう。」と言われても、具体的には?となってしまいます。

    次章でも書きますが、「今のコンディション」は、わかりづらいですし、転職活動にはちょっと使いづらいかなと思います。
    ただ「生まれ持った個性」は転職活動に非常に有益です。

    ミイダスのパーソナリティ診断結果を転職に活用する方法

    f:id:karakuriblog:20200824215059j:plain

    ミイダスのパーソナリティ診断の「生まれ持った個性」では、「自身の強み」、「自身の弱みとその改善方法」がわかるので、自己PR(自身の強み・弱み)を考える際に便利です。

    特に便利だなと思ったのは下記2点です。

    それぞれ解説します。

    ミイダスパーソナリティ診断が転職に便利なポイント①強み、弱みが3つずつわかる

    【コンサル転職】面接で詰まらない自己PRの作り方【例文付き】で解説している通り、面接では(なぜか)自己PRを3つ聞かれることが多いです。

    しかしながら、自己PRをゼロから3つも考えるのはなかなか骨が折れます。

    ミイダスのパーソナリティ診断を使えば、強みと弱みがそれぞれ3つずつわかるので、ゼロから考える手間を省けます。

    強みは、「生まれ持った個性の活かし方」に、弱みは「陥りやすいクセへの対処法」に記載があります。
    私の場合、「生まれ持った個性の活かし方」は以下の3つでしたね。

    • 自由を好む
    • 精神的にタフで疲れにくい
    • 合理的・現実的実現力

    「自由を好む」などは、さすがにこのままでは使いづらいですが、詳細を見るとリーダーシップに近いものが書かれているので、自身の強み:「リーダーシップがある」として活用できそうです。

    しかも、自身の実態に合った個性が書かれているので、その個性が発揮された経験が見つけやすいはず。

    自己PRを作る際に必須の具体例(強みが発揮された経験)も書きやすいですね。

    ミイダスパーソナリティ診断が転職に便利なポイント②自身の弱みについて改善策も書かれている

    面接で弱みを話すときは、必ずと言ってもいいほど、その改善策についても聞かれます。

    改善策って自分を客観視できていないとなかなか考えにくいもの。

    私の「陥りやすいクセへの対処法」に内省を軽視しがちと書かれているように、私も客観視が苦手なので、改善策を考えるのはよく苦戦しました。

    パーソナリティ診断の「陥りやすいクセへの対処法」には、まさに対処法が書かれているので、改善策を考えるきっかけになるはず。

    案外、準備を忘れがちな自身の弱みとその改善策。こちらの準備を効率的にできますね。

    ミイダスのパーソナリティ診断の口コミ

    f:id:karakuriblog:20200809144856j:plain

    このように転職に役立つパーソナリティ診断。
    私は転職活動に有効だと思いましたが、他の方はどう評価をしているのでしょうか?

    匿名のために一番本音をしやすいTwitterで調べてみました。

    プラス評価の口コミ

    このようにプラス評価の口コミが多く載っています。

    マイナス評価の口コミ

    それが、、、見当たりませんでした!

    ただ、誤解の無いように伝えておくと、あくまでパーソナリティ診断の口コミです。

    ミイダスの求人サービスなどの評価はあまり高くないです。

    実際使ってみたらわかりますが、登録したら企業オファーが来ますが、自分の条件に一致していないオファーも多く、イマイチです。

    ただ、診断サービスは有料級といってもいいほどのクオリティ。
    この診断サービスを受けるために登録するのもアリだと思います。

    ミイダスのパーソナリティ診断を無料で行う方法

    f:id:karakuriblog:20200823204436j:plain

    さて、このようなネタとしても面白く、転職活動に活かすこともできるパーソナリティ診断のやり方を解説します。

    以下の2ステップです。

    それぞれ画像付きで解説します。
    ※ 画面が大きく見やすいため、PC画面を使用しています。スマホでも同様の操作で利用可能です

    ステップ①ミイダスに無料登録する

    まずはミイダスに登録しましょう。
    無料で登録できます。

    ①-1.ミイダスホームページにアクセスする

    上記の『ミイダスホームぺージ』からでも、こちらからアクセスできます。

    ①-2.無料ユーザ登録ボタンをクリックする

    f:id:karakuriblog:20200823181315j:plain

    ①-3.プロフィール、職務経歴、実務経験、語学・資格を入力する

    f:id:karakuriblog:20200823181319j:plain

    ちょっと量は多いですが、選択式になっているところが多く、そこまで手間はかからないです。

    ちなみに、入力した内容に応じて、画面上側に適性年収が表示されます。

    f:id:karakuriblog:20200823181323j:plain

    ほんとか!?とは思いますが、みてて面白いです。

    ①-4.全ての入力を終えたら、ミイダスに登録を押す

    f:id:karakuriblog:20200823181328j:plain

    ①-5.アカウントの登録方法を選択する

    f:id:karakuriblog:20200823181333j:plain

    今回はメールアドレスで登録するを選択します。

    ①-6.メールアドレスとパスワードを入力する

    f:id:karakuriblog:20200823181338j:plain

    お知らせが面倒でしたら、チェックマークを外せば来なくなります

    ①-7.認証方法を選択し、認証する

    f:id:karakuriblog:20200823181342j:plain

    今回はSMSを選択します。
    セキュリティ面がしっかりとしていますね。

    ①-8.情報を公開したくない企業や簡単なアンケートなどに回答する

    f:id:karakuriblog:20200823181347j:plain

    今自分が所属している会社からオファーが来たら困りますもんね。
    このような詳細設定を行います。

    ①-9.登録完了!

    f:id:karakuriblog:20200823181351j:plain

    ステップ②パーソナリティ診断を無料で受ける

    ミイダスへの登録が完了したら、さっそくパーソナリティ診断を受けましょう。
    もちろん無料です。

    ②-1.トップページのタブから「診断を受ける・結果確認」を選択

    f:id:karakuriblog:20210103180324j:plain

    なお、タブは、トップページ左上の横三本線マーク(≡)をクリックすると出てきます。

    ②-2.パーソナリティ診断をクリック

    f:id:karakuriblog:20210103180348j:plain

    ②-3.ページ下側の「パーソナリティ診断を始める」をクリック

    f:id:karakuriblog:20210103180412j:plain

     

    ②-4.回答する

    f:id:karakuriblog:20210103180427j:plain

    上記のように、Webテストの適性検査のような形式です。

    全部で128問あります。多いですが、全て選択式なので、すぐに回答できます。

    ②-5.診断結果を確認する

    f:id:karakuriblog:20210103180454j:plain

    回答を終えると、上記画面が出てくるので、「結果を確認する」をクリックします。

    診断中と表示されて数秒後に診断結果が表示されます。

    f:id:karakuriblog:20210103180541j:plain

    これで診断完了です!所要時間はゆっくり回答して15分ほどです。

    早速下記リンク先から診断してみましょう!

    ミイダスにはパーソナリティ診断に加えてコンピテンシー診断がある

    f:id:karakuriblog:20200903155947j:plain

    ミイダスには有料級のパーソナリティ診断に以外に、こちらも有料級のコンピテンシー診断というのがあります。

    コンピテンシー診断では、以下の5つの特性がわかり、自己PRだけではなく、転職先を考えるときにも活用できます。

    • マネジメント資質
    • パーソナリティの特徴
    • 職務適性
    • 上下関係適性
    • ストレス要因

    例えば職務適性では10段階評価で適性の高い職種がわかります。

    診断結果は下記です。

    f:id:karakuriblog:20200823213043j:plain

    こちらもミイダスに無料登録後にもちろん無料で診断可能ですので、パーソナリティ診断と合わせてコンピテンシー診断を受けてみましょう。

    【無料で転職に活用】ミイダスコンピテンシー診断を使ってみた

    ミイダスのパーソナリティ診断を活用して転職活動を有利に進めよう

    以上、いかがでしたでしょうか!?

    自己PR作りに役立つミイダスのコンピテンシー診断。

    大して時間もかからず無料ですので、気になった方は是非やってみましょう!

    最後にもう一度リンクを貼っておきます。

    【無料で転職に活用】ミイダスコンピテンシー診断を使ってみた

    f:id:karakuriblog:20200823181427j:plain

    20200620114640
    転職しようと考えている人

    ミイダスのコンピテンシー診断って何が分かるの?
    あと、転職するなら診断を受けといた方がイイって聞いたけど、役に立つのかな?
    ついでにやり方も教えて!


    ミイダスとは、経歴やスキルを入力するだけで適性年収がわかると話題の転職サービス
    です。

    人材サービス大手パーソルキャリアのグループ会社であるミイダス株式会社が提供しています。

    そんなミイダスの一つのサービスであるコンピテンシー診断が、転職活動に役に立つので紹介します。

    本記事の内容

    本記事を書いている私は、転職活動を3回経験しています。(3回目は現在進行形)

    そのため、一般的な人よりも転職活動に精通しており、転職ノウハウをこのブログで公開しています。

    こんな私がミイダスのコンピテンシー診断を実際に受けて有効性を確かめてみました。

    本記事では、実際に私の診断結果画面を見せつつ解説していきます。

    ミイダスのコンピテンシー診断でわかる5つのこと

    f:id:karakuriblog:20200815131056j:plain

    質問に答えるだけで、あなたの持っている強み、向いている仕事、自分と相性の良い上司・部下のタイプなどが分かります。

    具体的には以下の5つです。

    マネジメント資質

    マネジメントの資質がどの程度あるかを表しています。

    実際にマネジメント能力の高い人のパーソナリティを基に点数付けしているそうです。

    f:id:karakuriblog:20200823181432j:plain
    10段階で評価し、数値の大きい方がマネジメント資質があるとのことです。

    私の評価結果が下記です。

    f:id:karakuriblog:20200823212655j:plain

    なんと9点!けっこー高いです!

    (まぁ実際は、マネジメント資質が高いというより、マネジメントされたくない=自分がマネジメントする立場になるしかない、という想いが反映されただけだ思いますが・・・)

    パーソナリティの特徴

    名称がわかりにくいですが、いわゆるビジネススキルを計測できます。

    チームワークや問題解決力などです。

    f:id:karakuriblog:20200823181442j:plain

    10段階で評価しているのですが、一つのビジネススキルに対し、2軸で評価しているので、10点だから良いというわけではありません。

    5点から離れるほど、その特徴が顕著とのことです

    例えば、問題解決力であれば、10点に近いほど合理的で、1点に近いほど直感的、みたいな感じです。

    私の評価結果のうち、問題解決力が下記です。

    f:id:karakuriblog:20200823212820j:plain

    9点ということで、だいぶ合理的な問題解決を好むということですね!
    本業がコンサルタントですし、この評価結果には頷けます。

    続いて人あたりです。

    f:id:karakuriblog:20200823212921j:plain

    こちらは3点。1点に近いほど、自己主張が強い感じみたいです。
    良くも悪くも自分の意見ははっきり言う方なので、当たってるな、という感じです。

    職務適性

    17職種への適性を教えてくれます。
    高得点ほどその職種に早く慣れるということです。

    また、17職種を細分化した147職種のうち、適性の高い(低い)職種も表示してくれます。

    f:id:karakuriblog:20200823181455j:plain

    私の評価結果のうち、点数の高い方が下記です。

    f:id:karakuriblog:20200823181225j:plain

    本業のコンサルタント)よりも点数の高い職種がある!
    クリエイターとか名前がかっこいいし転職しようかな(嘘)

    低い方は下記です。

    f:id:karakuriblog:20200823212506j:plain

    なんとなくですが、定型作業系が低くなってる気がしますね。
    飽き性なので当たってる気がします。

    さて、147職種の中から選ばれた適性の高い職種は下記です。

    f:id:karakuriblog:20200823213043j:plain

    おお!プランナーが最も高い!名前がかっこいい!
    やっぱり転職し(嘘)

    上下関係適性

    自分がどんなタイプの部下なのか、どんなタイプの上司なのかを診断してくれます。

    さらに、その診断結果から、どういうタイプの上司・部下と相性が良いか、悪いかも診断してくれます。

    f:id:karakuriblog:20200823181238j:plain

    高得点ほど、そのタイプの上司・部下である可能性が高いことを表します。

    私の部下としてのタイプの評価結果が下記です。

    f:id:karakuriblog:20200823213916j:plain

    ですよね~。先輩、全然指示聞かなくて、ゴメンナサイ。

    上司としてのタイプはどうでしょうか?

    f:id:karakuriblog:20200823214021j:plain

    うわっ・・・自分は指示されるのが嫌いなのに、上司になると指示したくなるタイプですね。
    最低ですね(笑)気を付けよ・・・

    この診断結果を、上司部下タイプ別適合度マトリクスに当てはめると、自分に向く上司や部下がわかります。

    f:id:karakuriblog:20200823214144j:plain

    私が部下の場合のタイプは、自主判断型ですので、相性がいいのは、権限委譲型の上司ですね!

    ストレス要因

    ストレスに感じやすい活動や条件、環境を教えてくれます。

    f:id:karakuriblog:20200823181255j:plain
    高得点ほどストレスに感じやすい要因です。

    私の評価結果が下記です。

    f:id:karakuriblog:20200823212019j:plain

    ルーチンワークにストレスがかかるみたいです。

    職務適性で見たように、定型作業系の適性が低かったことと一致しますね。

    このように、診断結果同士のつながりを見ると新たな気づきがあります。

    f:id:karakuriblog:20200823213211j:plain

    チームで行う仕事にもストレスを感じるみたいです。

    上下関係適性で見たように、上司に指示されるのがイヤなことが反映されているような気がします。

    やっぱりブログみたいに、構成から執筆まで一人でできる活動が向いているのかな?

    f:id:karakuriblog:20200823213314j:plain

    孤独な業務にはそこまでストレスを感じないみたいです。

    もしかしたらブログの方が適性が高いのかもしれません(笑)

    コンピテンシー診断結果を転職に活用する方法

    f:id:karakuriblog:20200726105910j:plain

    コンピテンシー診断の雰囲気が何となく伝わったかと思います。

    使ってみてわかりましたが、この診断結果を転職活動に活かす方法は下記2つです。

    それぞれ解説します。

    転職先を考える際に活用する

    職務適性を用いることで、自分に向いている職務がわかります。

    今の職場に不満がある。今の仕事は向いていない。
    でも、どんな仕事に転職したいかはっきりしていない。

    という人や、

    いちおう転職先の業界・業種は絞ったけど、他にも自分に向いている仕事がないか知りたい

    という人など、転職する業界・業種を検討している人にオススメの活用方法です。

    自己PRを考える際に活用する

    主に、パーソナリティの特徴・上下関係適性・ストレス要因を用いることで、自己PR(自身の強み・弱み)を考えるのに活用できます。

    自身の強み・弱みがわからず、自己PRを作れない。
    急に言われても思いつかない。

    など、自己PRに悩んでいる人にオススメの活用方法です。

    例えば私の場合は、問題解決力が高かったので、この根拠に自身の経験を加えることで、そのまま自己PRに使えますね。

    また、人あたりの評価が低かったので、実際に人あたりが良くなかった経験を加えて話すことで、自身の弱みとして使えますね。

    こんな感じです。

    なお、自己PRの作り方は、【コンサル転職】面接で詰まらない自己PRの作り方【例文付き】で解説していますので、自己PRに悩んでいる方は、ミイダスと一緒にチェックしてみてください。

    ミイダスのコンピテンシー診断のやり方

    f:id:karakuriblog:20200823204436j:plain

    さて、このようなネタとしても面白く、転職活動にも活かすことのできるコンピテンシー診断のやり方を解説します。

    以下の2ステップです。

    それぞれ画像付きで解説します。
    ※ 画面が大きく見やすいため、PC画面を使用しています。スマホでも同様の操作で利用可能です

    ステップ①ミイダスに登録する

    まずはミイダス自身に登録しましょう。
    無料で登録できます。

    1-1.ミイダスホームページにアクセスする

    上記の『ミイダスホームぺージ』からでも、こちらからアクセスできます。

    1-2.無料ユーザ登録ボタンをクリックする

    f:id:karakuriblog:20200823181315j:plain

    1-3.プロフィール、職務経歴、実務経験、語学・資格を入力する

    f:id:karakuriblog:20200823181319j:plain

    ちょっと量は多いですが、選択式になっているところが多く、そこまで手間はかからないです。

    ちなみに、入力した内容に応じて、画面上側に適性年収が表示されます。

    f:id:karakuriblog:20200823181323j:plain

    ほんとか!?とは思いますが、みてて面白いです。

    1-4.全ての入力を終えたら、ミイダスに登録を押す

    f:id:karakuriblog:20200823181328j:plain

    1-5.アカウントの登録方法を選択する

    f:id:karakuriblog:20200823181333j:plain

    今回はメールアドレスで登録するを選択します。

    1-6.メールアドレスとパスワードを入力する

    f:id:karakuriblog:20200823181338j:plain

    お知らせが面倒でしたら、チェックマークを外せば来なくなります

    1-7.認証方法を選択し、認証する

    f:id:karakuriblog:20200823181342j:plain

    今回はSMSを選択します。
    セキュリティ面がしっかりとしていますね。

    1-8.情報を公開したくない企業や簡単なアンケートなどに回答する

    f:id:karakuriblog:20200823181347j:plain

    今自分が所属している会社からオファーが来たら困りますもんね。
    このような詳細設定を行います。

    1-9.登録完了!

    f:id:karakuriblog:20200823181351j:plain

    ステップ②コンピテンシー診断を受ける

    ミイダスへの登録が完了したら、さっそくコンピテンシー診断を受けましょう。
    もちろん無料です。

    2-1.トップページのタブからコンピテンシー診断を選択

    f:id:karakuriblog:20200823181357j:plain

    なお、タブは、トップページ左上のオファー(その他)をクリックすると出てきます。

    2-2.ページ下側のコンピテンシー診断を始めるをクリック

    f:id:karakuriblog:20200823181401j:plain

    2-3.回答をはじめるをクリック

    f:id:karakuriblog:20200823181407j:plain

    2-4.回答する

    f:id:karakuriblog:20200823181411j:plain

    上記のように、Webテストの適性検査のような形式です。

    第1部が全30問、第2部が全132問で、計162問に回答が必要です。

    多いですが、全て選択式なので、すぐに回答できます。

    それに、あれだけ具体的な診断結果を出すには、これくらいの設問が必要ですよね。

    2-5.診断結果を確認する

    f:id:karakuriblog:20200823181417j:plain

    回答を終えると、上記画面が出てくるので、結果を確認するをクリックします。

    診断中と表示されて数秒後に診断結果が表示されます!

    f:id:karakuriblog:20200823181422j:plain

    以上、いかがでしたでしょうか!?

    転職先の検討や自己PR作りに役立つミイダスのコンピテンシー診断。

    大して時間もかからず無料ですので、気になった方は是非やってみましょう!

    最後にもう一度リンクを貼っておきます。

    【これが実態】コンサルはワークライフバランスをとれるのか?

    f:id:karakuriblog:20201231135158j:plain

    20200620114640
    コンサル転職を考えている人

    コンサルに入社してキラキラキャリアを歩みたいけど、残業がすごくて、ワークライフバランスが取れないってよく聞く。実際、ワークライフバランスってとれるのかな?あと、残業時間とか実際どれくらいなんだろ?自分が耐えられるかわからないし怖いな。。。

    こんな疑問に答えます。

    本記事の内容

    本記事を書いている私は今年でコンサルファーム5年目です。

    これまでIT・業務・戦略系など、様々なプロジェクトを経験してきました。

    そんな中で、ワークライフバランスが取れなかった経験ももちろんあります。

    こんな私が、コンサルファームでのワークライフバランスに関する実態を暴露します。

    あと、少し辛口になってしまいますが、ワークライフバランスに関する持論も述べます。

    どう感じるかはあなた次第。読んでみて良いと思ったら、ぜひ転職活動に役立ててみてください。

    コンサルファームでワークライフバランスがとれるのか?

    f:id:karakuriblog:20200830171740j:plain

    結論:とれます

    ただし、以下3つのいずれかの条件を満たす必要があります。

    それぞれ解説します。

    コンサルでワークライフバランスを取る方法②プロジェクトで手を抜く

    コンサルプロジェクトの中にも、比較的楽なプロジェクトは存在します。

    お客さんとの関係が長い場合に多い印象です。

    たぶん、良くも悪くも慣れあい的になっているからだと思います。

    そんなプロジェクトに当たりがついているのであれば、ぜひ上司に相談してアサインしてもらいましょう。

    当たりがついていないのであれば、周りで連日早く帰っている人に、どんなプロジェクトに入っているのかをそれとなく聞いてみましょう。

    コンサルでワークライフバランスを取る方法②楽なプロジェクトを選ぶ

    楽なプロジェクトでも楽ではないプロジェクトでも、どこまでアウトプットの品質にこだわるのかは、あなた次第。手を抜こうと思えば簡単に抜けます。

    もしプライベート重視で仕事をしたいのであれば、最低限のタスクを最低限の品質でこなすようにしましょう。

    ただし、マネージャーやパートナーが厳しい場合は、なかなか手を抜けないのでご注意を。
    その場合は、何か理由をつけてプロジェクトを替えてもらいましょう。

    コンサルでワークライフバランスを取る方法③アウトプットを早く出せるよう成長する

    コンサル転職のメリット・デメリット【現コンサルが3つの観点で解説】に書いている通り、コンサルは基本的に成果主義のため、成果さえ出していれば柔軟に働けます。

    私は一時期、昼間に一度抜けてジムとマッサージによく行っていました。それでも、夜は定時~19時帰りとかです。

    比較的楽なプロジェクトだったというのも一因としてありますが、成果さえ出せるようになれば、プライベートの時間は取りやすくなります。

    ワークライフバランスを取るまではいかなくとも、激務は避けたいという人へ
    【ITコンサル】激務案件はどれくらい忙しい?【激務案件の見分け方も解説】激務案件の見分け方入らないようにする方法を解説しています。タイトルにITコンサルと書いていますが、コンサルファームであればどのタイプでも当てはまると思います。ぜひチェックしてみてください。

    コンサルファームで成長するためにはワークライフバランスを度外視した働き方が必要

    f:id:karakuriblog:20200611093911j:plain

    これまでコンサルファームで働いていても、ワークライフバランスをとることができる話をしてきました。

    しかし…ほんとにそれでいいのでしょうか?

    残念ながら、コンサルファームで成長・活躍するためにはワークライフバランスを度外視した働き方が必要です。

    人が成長するのは大きな負荷を乗り越えた時だからです。

    例えば、次の二人の高校野球児がいるとします。

    • 毎日、正規の部活の練習のみの人
    • 毎日、正規の部活に加え、朝や夜に個人練習をしている人

    どちらの方が早く成長するでしょうか?明白ですよね?
    (努力の方向性うんぬんの話はいったん置いておきます)

    自分の経験からもそう思います。

    自分が仕事をできるようになったと実感するのは、

    • 上司から仕事を丸ごとぶん投げられ、全て自分で解決しないといけない状態に陥ってめちゃくちゃ残業したとき
    • めちゃくちゃ怖いパートナーにアウトプットをボロカスに言われ続け、次は言われまいとめちゃくちゃ残業してアウトプットの品質を高め続けたとき

    です。

    どちらの時期も、月残業200時間は超えていました。

    「自分はもう少し軽い負荷でゆっくり成長できれば良いや」と考える人もいると思います。

    しかし、会社としては、意欲の高い人や成長している人に良い案件を任せたいもの。
    スタートダッシュが遅れると良い案件にも入りにくくなって、さらに成長速度が落ちてしまいます。

    コンサルファームに就職する大きな目的の一つに、ビジネスマンとしての成長を据えている人がほとんどのはず。

    その目的を達成するには、やはりワークライフバランスを度外視した働き方が必要です。

    ワークライフバランスを優先して、成長できないor成長速度が遅くなるのであれば・・・コンサルファームに来る意味無くないですか?

    ワークライフバランスを考える前にそもそもなぜコンサルになりたいのかを考えるべき

    f:id:karakuriblog:20200701085538j:plain

    この記事を読んでいる方は、コンサルに転職したいけど、ワークライフバランスが気になって躊躇している人だと思います。

    しかし、同時にコンサルファームに来て、ビジネスマンとして圧倒的に成長したい人がほとんどのはず。

    それであれば、ワークライフバランスはあまり取れないことを前提とした場合に、コンサルファームに行きたいかどうかを考えた方が良いと思います。

    コンサル転職のメリット・デメリット【現コンサルが3つの観点で解説】に書いているように、コンサルファームで圧倒的なスピードで成長できますし、給料も高いです。

    ワークライフバランスだけでなく、そもそもなぜコンサルになりたかったのかを考えた上で転職するかどうかを判断しましょう。

    補足:どれくらい忙しいの?

    私がIT系のいわゆる炎上プロジェクトに入った時の残業時間は下記の通りです。

    • 12月:100時間
    • 1月:140時間
    • 2月:200時間
    • 3月:180時間

    働き方は、

    • 平日・・・1月くらいからは日を跨ぐ前に帰った日はほとんどなし
    • 休日・・・土日の片方はほぼなし。忙しい時は土日両方とも仕事

    でした。お客さん先のプロジェクトルームで寝たこともあります(笑)

    詳しくは、【実話】ITコンサル炎上案件に入った話【うつになりかけた】で解説しているので、チェックしてみてください。

    ワークライフバランスが取れずメンタルがやられかけた時の対処法

    f:id:karakuriblog:20200611163341j:plain

    ここまで読んでいる方は、「ワークライフバランスがなかなか取れなくても、コンサルファームに入りたい。入って爆速成長したい」と覚悟した人だと思います。

    素晴らしいと思います。

    私も新卒の時は同様の覚悟を決めてコンサルファームの門をたたきました。

    しかしそれでも耐えられない時がある。特にメンタルに来たときは大変です。

    私もメンタルに来た時がありました。

    本章では、コンサルファームに入る覚悟を決めた方にメンタルがやばくなった時の対処法を説明します。

    実際に私がウツになりかけた時に行った対処法です。

    メンタルがやられる本当の原因を考える

    メンタルがやられている(ストレスがかかっている)本当の原因を考えましょう。

    単純に考えると、夜遅くまで働いて睡眠時間が短いことが原因なのですが、それだけでメンタルがやられる人はまれ。

    テレビゲームやカラオケなど好きなことで夜更かししている時はメンタルがやられることはないですよね?

    • 寝不足以外にメンタルに来ている原因は何か?
    • なぜ睡眠不足になるくらいに働いているのか?

    などを自問自答すると、本当の原因を見つけやすくなります。

    私がウツになりかけていた時に、上記を自問自答した結果、以下が本当の原因でした。

    • これ以上怒られるのが嫌だ
    • 自分がバカと思われたくない

    はい、変にプライドが高かったんです(笑)

    このようにまずはメンタルがやられる本当の原因を深く考えましょう。

    それって何が悪いの?と考える

    続いて、その原因に対して、それって何が悪いの?と考えます。結果として起こる悪いことは実は大したことない場合がほとんど。それを認識しましょう。

    例えば、私の「自分がバカと思われたくない」だと以下のようになります。

    自分がバカと思われて何が悪いの?

    思われただけで、別に死ぬわけじゃないし。だってこの人にバカと思われたところでこの先一生会わないから問題ないでしょ?というか、もともとバカなんだし、バカって思われるのは当然でしょ!むしろバカ丸出しで怒られた方が成長できるね!

    みたいな感じです(笑)完全な開き直りです(笑)

    私の場合はこれで、相変わらずの激務状態でも、うつ状態から抜け出せました。

    たったこれだけ?と思うかもしれませんが、メンタルがやられるかどうかは、気の持ちようによる部分が大きいですので、案外こんなもんです。

    いちおう、一言補足しておくと、ほんとにメンタルがやられかけた時はこんな当たり前のことも考えられなくなっていますので、、、ほんとに注意してください。

    それでも無理ならその状況から脱出する

    このような対策をしたとしてもメンタルが良くならないなら、迷うことなく逃げましょう。

    コンサルファームにいなくとも優秀なビジネスマンはいくらでもいます。
    身体を壊してまでコンサルファームにいる必要はないです。

    とはいえ、いきなり退職する必要はないと思うので、まずは案件を変えてもらうように上司に相談することから始めましょう。

    補足:ストレスは考え方次第で敵にも見方にもなる

    実はストレスは、それ自体が悪いものなのではなく、私たちのストレスの捉え方次第で、良いものにもなります。

    これは科学的にも実証されており、例えば次のような実験結果があります。

    ■実験概要
    被験者は、実験室に入ると、自身の強み弱みについて語る即興スピーチを求められる。
    準備時間は3分間。メモなどを取るのは禁止。
    被験者は一般の人たちで、スピーチの訓練を特に受けているわけではない。
    しかも審査員の方が、スピーチ中に以下などのストレスを感じさせるような反応を取るように指示を受けている。
     ため息をつく、あきれた顔をする、「全然ダメですね」と伝える・・・

    被験者は即興スピーチの前に行う内容によって、以下の3グループに分けられる。

    • グループ①ストレスは良いものだとレクチャーを受ける
    • グループ②ストレスを感じたら無視した方が良いとレクチャーを受ける
    • グループ③テレビゲームで遊んでストレス発散する

    ■結果
    各グループとも、即興スピーチで非常にストレスがかかったと言及。
    スピーチの評価が最も高かったのはグループ①、他の2グループは同じ程度

    いかがでしょうか?

    めっちゃ緊張しそうで、絶対参加したくない実験ですね(笑)

    それはさておき、この実験が示すように、ストレスが良いものだと捉えるだけで、同じストレスを感じていてもスピーチが上手になるのです。

    このように、ストレスの捉え方を変えるだけで、ストレスのかかるシーンで高い成果を出すことができます。

    上記の実験は、スタンフォードのストレスを力に変える教科書に紹介されているものです。
    ※実験手法自体は、ストレスの影響を調査する際によく使われる「トリーア社会的ストレステスト」と呼ばれるものだそうです。

    本書には他にも多くの実験結果が載っていますし、ストレスがかかった際にそれをうまく利用する方法も掲載されています。

    激務でメンタルがやられた時の対処法に限らず、大事なプレゼンで緊張してしまいうまく話せない人や、大事な試験で緊張により勉強した成果を発揮できない人にもおすすめですので、是非読んでみてください。

    緊張・不安に対する考え方がまるで変わります。

    まとめ:ワークライフバランスの前にそもそもコンサルになりたい理由を考えよう

    以上、いかがでしたでしょうか!?

    少し厳しい言い方になってしまったかもしれませんが、これが実態です。

    ワークライフバランスももちろん大事ですが、コンサルファームに転職するのであれば、そもそものコンサルになりたい理由をもう一度考えてみましょう。

    ワークライフバランスが一時的にも崩れることを考慮してもそれでも行きたいのであれば、必ず良い選択になります!

    素晴らしいキャリアを歩まれることを願っています!